決められた期日までに退職願を提出する

転職について直属の上司には数ヶ月前から話しておくべきだとこちらのページでお伝えしました。さて、最終的には退職願を提出しないといけませんね。

resignletter

退職願の提出は、転職先が決まってから

転職は焦らず急がずです。ゆっくりと転職先を見つけることもそうですし、少し時間を掛けることで、転職活動中にエージェントに新しい案件が入ってくることもあります。運やタイミングも転職活動を左右するでしょう。

たまに、転職先が見つかっていないにもかかわらず退職願を提出してしまう看護師がいます。現在の看護師の人材市場を考えればそれでも転職がうまくいくケースはありますが、退職願が先になってしまうと活動を焦り、結果的に転職活動に失敗してしまうことがよく見受けられます。
正しい判断ができず、条件面での妥協も完全に納得しないまま進めてしまい、転職してみたら「違った」と言ってすぐに辞めたくなってしまいます。

退職願の提出については、現在働いている職場の就業規則を確認しておいてください。法的には2週間前の退職意志の明示で十分ですが、退職する1ヶ月前までに退職願を提出するパターンのほうが多いです。
ですから逆算すると、転職活動に2週間から1ヶ月かかり、退職までに1ヶ月を要すると考えれば、転職したい期日の少なくとも2ヶ月前には転職エージェントに登録しておく必要があるということですね。

退職願の書き方

退職願はほとんどの場合、現在働いている職場で書式が用意されていると思います。
もしそういったものがなければ、インターネットで「退職願 テンプレート」と検索すればたくさん出てきますので、それをダウンロードして使ってください。

少なくとも名前は自筆、印鑑は実印を使用しましょう。