希望条件をはっきりと伝える

せっかく転職するのですから、希望をはっきりと伝えておくことが必要です。言いたいことを言えずに中途半端に希望提示したり遠慮したりしていると、エージェント側の入職してもらいたい職場を優先的に紹介されてしまうこともあります。

bamboo-364112_640

まとめていた希望をすべて伝えることが重要

当サイトのメニューを上から順番に読んでいただければ、こちらのページですでに希望条件を考えておく必要性については読まれていると思います。簡単に言えば、希望をきちんとまとめていないと転職する看護師自身(あなた)が損をしてしまうということですね。

ある意味でズケズケと、エージェントに面倒くさいと思われるくらいに条件をハッキリと伝えて構いません。何度も書きますが、看護師は売り手市場の中にいます。すべて条件を伝えれば看護師転職エージェントのコンサルタントはそこに向かって動きますし、完全に一致する条件が見つからなかったとしても、それにほど近い条件の職場は見つかると思っていてよいでしょう。
普段は腰が低く遠慮して、相手に合わせてしまうような性格だったとしても、コンサルタントに動かされてしまっては良い転職先は見つかりません。自分が転職コンサルタントをコントロールしてください。言葉は悪いですが、「使えるものは使う」という考え方くらいがちょうどいいです。

条件や考えが変わってもOK

転職についてコンサルタントにいろいろと相談しているうちに、もともと考えていた希望が変化していくこともあります。たとえば最初は老健などの施設で看護師として働こうと考えていたとしても、コンサルタントから情報をいろいろともらっているうちに、訪問看護師として働いてみたいと思うようになることもあるはずです。

それはそれで、今までの条件を変えて伝えても構いません。むしろ、エージェントを通じての転職活動を行うメリットの一つだと思っていただいて結構です。
看護技術や知識は看護師のほうがプロですが、転職活動や転職情報についてはコンサルタントのほうがプロです。個人での情報収集はそう簡単にいきません。ですから、そういった情報をもらっているうちに気が変わるということは、逆に言えばコンサルタントがきちんと仕事をしているという意味にもなるわけで、条件が変わったからといって文句を言うコンサルタントはいません。

条件が変わった際には、改めて自分自身で転職の希望条件を整理し、各エージェントにその旨をきちんと伝えるようにしましょう。
最初に考えていたよりもうまく転職活動が進むはずですし、転職した後も使命を持って気持ちよく仕事ができるはずです。